News

安曇野スタイルに参加してきました!その2

さてさて、今回の展示の目玉であるARオブジェです。ARとはなんぞや?と言うと、「Augmented Reality」の略で、日本語で言うと「拡張現実」です。 3DSなんかで知っている方もいると思うのですが、言葉で説明してもわかり辛いと思うので撮ってきた写真を見てみて下さい! 箱庭的なオブジェを用意したので、そこにiPadをかざすとヘポが現れるという仕掛けにしました。 何もかざさずに見るとこんな感じの箱庭です。 ここにiPadをかざすと・・・あら、不思議! なんと手を振っているヘポが現れます。 どういうこっちゃ??って思う人も多いかもしれませんが、実際に見てもらえたらもっとわかり易いかと思います^^; このように、現実の空間の上に「ヘポが現れる」という情報をプラスさせるのがARという技術です。屋外で成功するかどうかが不安だったのですが、無事展示することができてほっとしました。簡単な仕組みではありますが、驚いてもらえたり、ヘポを気に入ってもらえたりしたことが、何より嬉しかったです。 そんなこんなで、2日間はあっという間に過ぎ去って行きました。 ねむのき@8人展」という名前の通り、僕の他にもいろんな作品が展示・販売されていました。というか、僕が後から参加させてもらったので、おまけのような感じです^^; こんな風に庭には陶器がずらりと並べてあります。他には、押し花で作った絵画、織物、木で作った照明、りんごの販売や家の中は喫茶になっていて、なかなか充実した空間になっていたのではないかと思います。 来年は完成した「ありんこヘポ」を展示したいと思っておりますので、興味持ってもらえた方はぜひ足

安曇野スタイルに参加してきました!その1

11月3日と4日に長野県安曇野市で開催されていた安曇野スタイルに参加してきました! 安曇野にはものづくりや文化的活動を行っている人達がたくさん暮らしており、その活動を支える文化施設も多数点在しています。 それらの魅力と、安曇野巡りを楽しむ催しが「安曇野スタイル」です。面白いのが、大きな美術館から、小さなギャラリーやレストラン、自宅まで開放してギャラリーにしてあったりして、いろいろな場所でいろいろな作品を楽しめるというところです。 僕はうちの実家で開催していた「ねむのき@8人展」に参加させてもらいました。こんな感じのログハウスです。 この入口の横のスペース絵3点とARオブジェ1点を展示させてもらいました。 絵はデジタル絵本で使用するために描いたものを3点プリントして飾りました。 印刷の具合が想像していたよりも手描きっぽい雰囲気に仕上がって、なかなかいい感じです♪ 額もフェルトで手作りで作っています。 その2につづく

注目記事 Featured Posts
最近の記事 Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Basic Square